2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 目覚めの時 | トップページ | 新しい時代の幕が開く »

2020年4月 2日 (木)

越冬しに来ている野鳥たち

  冬の野鳥

  窓辺のジョウビタキ
 ジョウビタキは庭に降りて餌を探したり、裏山の草むらに
 降りては、餌をついばんでいます。
 
 P1090063

 私がPCの前に座っていると、時々塀の上に現れます。
 P1090017
 


 ノスリは猛禽類で冬になると海岸の温暖な地方に越冬するために
 やってきます。
 
 私がPCの作業をしているとノスリが飛んできました。
 屋外ではこんなに近くに寄れることはないです。
 いつも、先に見つかって逃げてゆきます。
 
 P1090041

  ノスリを拡大してみました。
 大きさはトンビと比べると少し小さいです。
 特徴は頭と胸側が白っぽい色をしています。
 そして冬の空でホバーリングをすることです。
 P1090041-800x600


  童謡唱歌

 美しき天然 曲/田中穂積 詞/竹島羽衣

 ご年配の方ならお聞きしたことがありますか。
 チンドン屋さんでおなじみの曲です。

 

 

一、空にさえずる鳥の声
峯(みね)より落つる滝の音
大波小波とうとうと
響(ひび)き絶(た)えせぬ海の音
聞けや人々面白き
此(こ)の天然の音楽を
調べ自在に弾(ひ)き給(たも)う
神の御手(おんて)の尊(とうと)しや

二、春は桜のあや衣(ごろも)
秋は紅葉(もみじ)の唐錦(からにしき)
夏は涼しき月の絹
冬は真白き雪の布(ぬの)
見よや人々美しき
此の天然の織物を
手際(てぎわ)見事に織り給う
神のたくみの尊しや

三、うす墨(ずみ)ひける四方(よも)の山
くれない匂(にお)う横がすみ
海辺はるかにうち続く
青松白砂(せいしょうはくしゃ)の美しさ
見よや人々たぐいなき
此の天然のうつしえを
筆も及ばずかきたもう
神の力の尊しや

四、朝(あした)に起る雲の殿(との)
夕べにかかる虹の橋
晴れたる空を見渡せば
青天井(あおてんじょう)に似たるかな
仰(あお)げ人々珍しき
此の天然の建築を
かく広大(こうだい)にたてたもう
神の御業(みわざ)の尊しや

 深田萌絵のちょく☆トーク
日本のIT産業が中国に盗まれている。
維新の正体とは。橋下徹 「戸籍は差別助長のツール」



 

« 目覚めの時 | トップページ | 新しい時代の幕が開く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目覚めの時 | トップページ | 新しい時代の幕が開く »