2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

夏の朝

 童謡 唱歌のような日本に帰りたい。
反日など、この国にはいらない。 みんなが一生懸命に
働いて楽しく暮らせる日本を取り戻したい。
目覚めよ日本人。

「私の読んでいるブログ」 に国難に一生懸命に
 立ち向かっている方達のブログを紹介しています。
 是非、読んで一人でも多くの方に真実を知ってもらいたいと思っています。
大切なことは、私達一人一人の愛国心だと思います。

 童謡 唱歌 

牧場の朝

杉村 楚人冠 作詞
船橋 栄吉 作曲

「1536.mp3」をダウンロード

1)
ただ一面に立ちこめた
牧場の朝の霧の海
ポプラ並木のうっすりと
黒い底から、勇ましく
鐘が鳴る鳴る、かんかんと

2)
もう起出した小舎小舎の
あたりに高い人の声
霧に包まれ あちこちに
動く羊の幾群の
鈴が鳴る鳴る りんりんと

3)
今さし昇る日の影に
夢からさめた森や山
あかい光に染められた
遠い野末に 牧童の
笛が鳴る鳴る ぴいぴいと

明治四十年(1907)福島県の元御料牧場・岩瀬牧場が
オランダからホルスタイン13頭を輸入した際、友好の印
として鐘が贈られてきました。その鐘が鳴る牧場の朝を
杉村楚人冠がエッセイに書き、
また詩に表現したものとされています。

P1060599_2

裏山に咲くユリの花

暑い夏の日の朝、窓辺から眺めると
朝の清々しい空気の中でユリの花が咲いている。
 

P1060611_2

今年の夏はとても暑かった。
母猫が、この子が幼いときに連れてきて
この家で育ててもらいなさいと置いてゆきました。 勝手に。
今ではこの家の主人様です。
我が家で自由気ままに生きていますがこの猫は
とてもまじめに生きています。 
動き出す前には必ず手足を伸ばして前進の筋肉をほぐしてから
外へ遊びにゆきます。 野生では体を壊したりケガをすると
必ずすぐに死につながるからですね。
教えられることも色々とあります。
私は鰹節が大好きです。
お父さんの子供た゜と思っているようです。

P1060616_2

私(猫)は涼しい所を探しては、寝てばかりでした。
皆さまも暑さに負けず、お体大切に。

2018年8月24日 (金)

ヒオドシチョウ

 ヒオドシチョウ

「この国を守る、ブログを読む」 に国難に一生懸命に
 立ち向かっている方達のブログを紹介しています。
 是非、読んで一人でも多くの方に真実を知ってもらいたいと思っています。
大切なことは、私達一人一人の愛国心だと思います。

 童謡 唱歌 

「1465.mp3」をダウンロード

花影 

大村 主計 作詞
豊田 義一 作曲


1)
十五夜お月さま ひとりぼち
桜吹雪の 花かげに
花嫁すがたの おねえさま
くるまにゆられて ゆきました

2)
十五夜お月さま 見てたでしょう
桜吹雪の 花かげに
花嫁すがたの ねえさまと
お別れおしんで 泣きました

3)
十五夜お月さま ひとりぼち
桜吹雪の 花かげに
遠いお里の おねえさま
わたしはひとりに なりました

ヒオドシチョウ

P1060022

春の庭に訪れたヒオドシチヨウ

P1060127

ツルバラも咲いています。



P1060025

綺麗です。翔のいたみも見られません。 

春に生まれた新しい個体のようです。

2018年8月12日 (日)

サラサウツギ

 サラサウツギ

「この国を守る、ブログを読む」 に国難に一生懸命に
 立ち向かっている方達のブログを紹介しています。
 是非、読んで一人でも多くの方に真実を知ってもらいたいと思っています。
大切なことは、私達一人一人の愛国心だと思います。

 童謡 唱歌

「1614.mp3」をダウンロード

宵待ち草

 

 

竹久 夢二 作詞
多忠 亮 作曲


待てど 暮らせど

こぬひとを

宵待草の

やるせなさ

こよいは月も

出ぬそうな

春の庭に咲いていたサラサウツギの花

P1060046

石臼にはメダカが泳いでいます。

P1060056

2018年8月 3日 (金)

たち葵

タチアオイ

「この国を守る、ブログを読む」 に国難に一生懸命に
 立ち向かっている方達のブログを紹介しています。
 是非、読んで一人でも多くの方に真実を知ってもらいたいと思っています。
大切なことは、私達一人一人の愛国心だと思います。

 童謡 唱歌 

「1263.mp3」をダウンロード

里ごころ 

北原 白秋 作詞
中山 晋平 作曲


1)
笛や 太鼓に さそわれて
山の祭に 来て見たが
日暮は いやいや 里恋し
風吹きゃ 木の葉の 音ばかり

2)
母さま恋しと 泣いたれば
どうでもねんねよ お泊りよ
しくしくお背戸に 出て見れば
空には寒い 茜雲(あかねぐも)

3)
雁 雁 棹(さお)になれ
さきになれ
お迎いたのむと 言うておくれ

タチアオイ

P1060114

タチアオイは梅雨のころに下から咲き出して

一番上の花が咲くころに梅雨があけるといわれています。

今年は例年に比べると梅雨明けはとても早かったが

タチアオイは変わりなく七月の末に咲き終わりました。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »