2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月24日 (日)

稜線の涼しい風に雲遊ぶ

Dsc08968
安曇野側から湧き上がってきた雲は尾根で
飛騨側の谷から吹き上がってきた風に飛ばされて
しまって尾根は良い天気です。
ガスも夕方までには消えてしまいました。

 尾根の北には燕岳が花崗岩の
白い砂をまとって白く輝いてそびえていました。

山小屋で昼食をとってから山頂へ行くことにする。

Dsc08943
山小屋の裏から西の方角には北アルプスの
最奥部の鷲羽岳や水晶岳や雲ノ平方面の山並みが
見えます。
谷を吹き上がってくる大量の風はとても
涼しくて今までの暑さがすぐに消えてゆきました。

2014年8月22日 (金)

青春を探して歩く夏の山

Dsc08937


 
稜線に近づいてきた。
槍ヶ岳から穂高岳へと続く稜線も見えてきた。

正面の緑の山並みの尾根が表銀座コース

左に大天井岳。左の肩の付近に大天荘が
見えていました。
大天井岳を右に巻いてゆくと喜作新道です。
そこを廻り込むと大天井ヒュッテです。
西岳をへて槍ヶ岳と続きます。

槍ヶ岳への縦走コースです。
43年前に中房温泉から燕岳、大天井岳、槍ヶ岳
そして北穂高岳、奥穂高岳、そして岳沢を下って
上高地へと歩いた記憶が昨日のことのように
よみがえります。
その時もこのように空は青くハイマツの濃い
緑と残雪の眩しく白い色のコントラストが
きれいでした。
人々の心の中にある失くしてしまった美しいものが
ここにはまだ残っていました。
43年前と同じように変わらずに。

2014年8月21日 (木)

北アルプス

Dsc08935


中央に常念岳
安曇野から見える山々。

尾根は快晴。 山裾から少しずつ
山肌を這うように雲が上がってきます。
稜線に上がるのが楽しみな良い天気。

2014年8月20日 (水)

山歩き

北アルプス

Dsc08932_2


合戦小屋を過ぎてから少し登ると燕岳と
尾根にある燕山荘が見えてきました。
小屋まであと一時間くらい。
脚も少し疲れてきました。日陰が無くなって
暑い。 風も吹いていない。
ペットボトルの水を飲む回数も増えてくる。

下山時に高山植物の写真を撮るために
花を探しながら、ゆっくりと登る。

2014年8月19日 (火)

流木に花の便りが届きけり

Dsc09159


山歩きのページはお休みをして庭の花を。

昨年頂いた風蘭(西洋)が咲きました。
正しい名前は何というのでしよう。

 花色はピンクで日本産より大きいです。
流木に着生させているところですが
まだ安定していません。

毎日暑くてしんどい日が続きますが
小さな花に癒されています。

2014年8月17日 (日)

天に届け尾根の境に槍ヶ岳

Dsc08928

昨日は雲が多く天気が悪かったが、今日は
雲一つ無い快晴。
こんなこともあるのだろうか。 とても運が良いように
思う。

合戦小屋を過ぎて、少し歩くと大天井へと続く
尾根の向こうに槍ヶ岳が見えてきました。

43年ぶりに見る槍ヶ岳 !。
初めて見た時も今も同じ感動 !。

脚は疲れているが気分爽やか、心晴れ晴れ。

2014年8月13日 (水)

空と山雲の溶け合う山の旅

Dsc08920_640x426

雲が空に溶けているところ、中央に富士山
右に南アルプス左に八ヶ岳連峰がかすんで見えています

2014年8月 5日 (火)

松本城

松本城(国宝)

Dsc08896
木造の城

松本の街は快晴
天守閣からは 北アルプスは雲に覆われてなにも
観えなかった

Dsc08899
この門から城内へと向かう。

お城を見学してから大糸線を電車で安曇野穂高へと
向かう。 
今日の日程はこれから中房温泉へ行って泊まって
明日は早朝から登山が始まる。

2014年8月 4日 (月)

夏祭り

松本市

Dsc08889_2

北アルプス登山
松本市に到着して、 この日は登山口まで。

時間があるので松本城(国宝)を見学にゆくことにした。

行く途中で夏祭りの支度をしていた。

遠い昔をしのばせる祭りの山車が見られた。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »