2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

リュウキュウムラサキ(迷蝶)

リュウキュウムラサキ (♂)
2012年10月21日午後2時
本州最南端の地

海原を越えて緑の花の郷 

Dsc05424 リュウキュウムラサキ

庭いじりをしていたら目の前をルリタテハのような
蝶が飛んだので塀の外の草むらのランタナを見るとランタナの花で
吸蜜をしている蝶がいました。 すぐにリュウキュウムラサキだと
気づき、すぐにカメラを取り出して数枚撮映しました。
思いがけない迷蝶の訪問に神様に感謝です。 ありがとうございます!。

Dsc05425
とてもキレイな固体でした。 
数日前の台風の風に乗ってきたのでしょうか。
それともこちらで孵化したのでしょうか。


Dsc05431
昨年は迷蝶のカバマダラが訪れ今年はリュウキュウムラサキと
二年続きの迷蝶に出逢えました。
リュウキュウムラサキは数年前にも一度訪れています。
今年は山の紅葉も観に行けずに家の庭に居たおかげで
リュウキュウムラサキに出逢うことが出来て本当に幸運でした。

2012年10月17日 (水)

ヒヨドリバナ

 秋の野辺 ヒヨドリバナの清しさや

Dsc05393
フジバカマの仲間のヒヨドリバナ

もうそろそろアサギマダラも渡ってくる頃かと思い
ヒヨドリバナの咲くこの場所へやってきたがまだ
アサギマダラの姿は見えていませんでした。

Dsc05394
二十年くらい前にはヒヨドリバナはここには
数本しか咲いていませんでしたが今では道の両側に
沢山咲くようになりました。

2012年10月11日 (木)

ダリアの花

 古ダンス ダリアの花は 万華鏡


このように花びらの形を整えてキレイに咲いています。
ダリアの花は形が整っていて色も、とても美しい。
種類も多いとか。
植物学者の名前にちなんだ名前だと知りました。

昨日は病院で検査の日、 前日の夜から絶食で
検査でした。 昼までおなかがすいた。
体質なのか検査はかなり苦痛でしたがなんとか
辛抱できました。
検査も無事に終わり何事もなく良しとする。
健康は何よりもありがたい、 私には見えない神や
仏様に感謝です。

Dsc05368

メキシコ原産の花はダリア

家族が頂き物のダリアを花瓶に生けてくれました。 


Dsc05402
ダリアとフジバカマ

2012年10月 8日 (月)

ホトトギス

ホトトギス (10月8日)
Dsc05330 裏山で静かに鳴いてホトトギス
ホトトギスも咲き出しました。
台風の後は良い天気が続いています。
花のホトトギスはおとなしく静か。

春から鳴いていた鳥のホトトギスは大きな鳴き声ですが
今はもう聞こえてきません。

今年の大峰山の紅葉が気になるところですが
数日後に体の検査も有り、今年は大峰の奥駈道の
紅葉は観に行けないと思う。

2012年10月 6日 (土)

朝顔

アサガオに 心なごまし 秋の朝

Dsc05226 傷ついた心を癒す淡い青

ハート型の葉っぱと
淡い青のアサガオの色 

早朝の草むらに咲くアサガオは夜露をまとい
清々しい。 「早起きは三文の徳」の諺を思い浮かべ
一日が始まる。

2012年10月 2日 (火)

秋の蝶

ヒメアカタテハ
Dsc05312 風に乗り  秋の便りを 届け来る
コスモスやフウセントウワタの咲く頃になると
ヒメアカタテハは庭に訪れます。
我が家に秋を告げる蝶です。

 秋の蝶たちの訪れる季節になりました。
庭のツマグロヒョウモンの幼虫も蛹になっています。
Dsc05314
フウセントウワタで吸蜜をするヒメアカタテハ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »