2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

Dsc02423寒い朝ストーブの前で猫ゴロリ

朝は一緒に起きてストーブの前でいつも寝ころんでいます。
寒い日は一日中寝て暮らしています。
くつろいでいるこのような姿を見ると私も安心します。
何かを要求するときはちいさい声で鳴いたり
そばに寄ってきたり少し壁を書いたりそれでも放っておくと
必ず最後は障子をバリッとかいて叱られるものだから
一目散に逃げてしまいます。
イタズラ猫です。

Dsc02422知らぬ振り でも幸せを 伝えてる

苧環

Dsc02379オダマキの春へと託す色かわり
オダマキ

Dsc02323

2012年2月26日 (日)

春の草花

Dsc02412
オオイヌノフグリ
少し見つけた早春の草花たち
後少しすればこの原っぱも沢山の
小さな草花の絨毯が敷かれます。

Dsc02416
ナズナ

Dsc02415
ホトケノザ

2012年2月23日 (木)

森の野鳥たち

Dsc02279
餌台のスズメたち

最近はスズメも餌台に来るようになりました。
スズメは数が多いのでホウジロは追い払われてしまいます。
一羽ずつなら一緒に食べるのですがスズメは二羽以上になると
ホウジロを追い払ってしまいます。
そういうわけで私はホウジロの味方になりました。
今年はまだ一度もヤマガラは訪れていません
コゲラも少ない感じです。

毎年庭に来ていたジョウビタキも今年は来ていません。
玄関のひさしの下で毎夜一羽で寝ていたのですが
ちー子に追っかけられて来なくなったのかも知れません。

フルツク(ふくろう)も今年はまだ鳴き声を聞いていません
傍の木でフルツクホーホーと大きな声で鳴くと
驚きますが鳴き声を聞くと楽しいですね。

2012年2月22日 (水)

春を待つ翁草

Dsc02268
オキナグサ

鉢植えのオキナグサも新しい芽が出てきました。
白い綿毛に覆われています。
花が終わった後にも白い毛のようなのが有ります。
名前の由来はそこから来ているそうです。

2012年2月20日 (月)

深山苧環

Dsc02270 白妙の今年も咲いて舞う静
ミヤマオダマキの新芽

小さかった新芽も春が近づくと少しずつ
開いてきました。

2012年2月19日 (日)

雲間草

Dsc02259
クモマ草

赤くてキレイな可愛い小さな花を沢山咲かせるのが
特徴です。
高山植物の仲間ですがこの花は洋種です。
昨年は枯らしてしまったので今年は注意しています。
葉は多肉植物の様に少しばかり厚くツヤがあり
ます。
これから葉ももっと繁りたくさんの花を咲かせるので
大切に育てて花を楽しみます。

2012年2月12日 (日)

撫子ジャパン

Dsc02165_2
和歌山県の撫子ジャパンの合宿
2月12日、
撫子の合宿を見に行ってきました。

Dsc02159
練習の様子です。
詳しく練習時間が分からなかったので
着いてから午前の練習は少し観ただけで終了になりました。
サッカーが好きなのでこれからも応援します。

諦めない勇気をくれた撫子、頑張れ !

2012年2月 5日 (日)

海を見ていた午後

Dsc06653
「海を見ていた午後」に出てくる
レストラン「ドルフィン」のソーダ水

先日、遠くに住む知り合いの方が山本潤子さんから
NHKのSONGSに出演するという連絡を頂いたので皆さん
よろしければご鑑賞下さいとメールが届きました。
メールにはソーダ水の画像も添えられていました。

そのときには、ソーダ水のことを気づきませんでしたが
山本潤子さんが番組のなかで、初めて訪れた
横浜山手の「海を見ていた午後」に出てくるレストラン「ドルフィン」の
ソーダ水のなかを貨物船が通ると
唄に歌われていたのががこのソーダ水です。
知人の心遣いに感激でした。

山本さんの唄はライブのような感じで
楽しめました。 もちろんソーダ水のおかげです。

この唄の作詞作曲は荒井由美さんです。

2012年2月 2日 (木)

鈴懸の木

Dsc02146

 冬の風梢をゆらし鳴る小鈴

 やさしの小鈴 梢に鳴ればの季節になりました。

プラタナスも落ち葉になり
沢山の鈴が見えてきました。
今年の冬はとても綺麗な黄葉でした。

春夏秋冬、このプラタナスにも心に残るような
季節を感じました。
1月29日撮影

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »